‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

安心で安全で効果が高い

2014/11/05

多毛、剛毛にお悩みの方は、脱毛を真剣に考えるがゆえ、最後には、真摯に脱毛の施術を行ってくれる場所を探すことになるのでしょう。

 

現代における脱毛は、医療脱毛か脱毛エステの2択ということになります。どちらにもメリットが有り、比較すればデメリットも必ず出てくると言うのが本当のところです。医療脱毛は簡単に申し上げれば、効果が高く望めるから料金が高いと言うのが一般論となるでしょう。

 

脱毛エステは低料金が魅力と言われますが、その効果は個人により差が認められると言うことをよく耳にいたします。

 

リスクの高い施術はつまり効果が高いと言うことにもなるでしょう。医療脱毛は高出力高性能な医療レーザー脱毛器を主流に使用し、確実で効果の高い脱毛を実現しています。痛みに対する処置は麻酔を使用することもでき、万が一のトラブルに対する対応は迅速であるがゆえ、最悪の状態になることは極力回避が可能と言うことになるのです。脱毛は、少し前まで個人が自宅で簡単に済ませる部類のものでした。その脱毛に多額なお金をかけること自体どうかと考える個人も多いかと思います。しかし、脱毛は効果を望めば望むほど、毛だけの話では無く、皮膚へのトラブルを想定しなければならない施術となります。

 

サッカー06

安易な選択をしたばかりに返っていやな思いをしてしまったと言うことが無いよう、念入りな下調べをした上で臨むことが賢明と言えるのです。医療脱毛はまず安全で安心を望む効果の高い脱毛を考えた場合に有効な手段と言えるでしょう。

脱毛方法は2タイプ

2014/11/05

脱毛・・・若い女性のお悩みでは、かなり高いランクに入るでしょう。

サッカー04

最近は、毛深い男の人を嫌う傾向があるので、毛深い男の人のお悩みにも入りそうですが・・・脱毛の仕方は大きく分けて、2タイプあるかと思います。まず、自分で行う自己処理の脱毛。一番手軽なのは、かみそりで剃るというものでしょうか。思春期、成長期に入り、脇の毛や足の毛が気になりだした女子が、お風呂場にあるお父さんのかみそりで、ちょっと剃ってみる・・・というのが手始めでしょうか。そういう意味では、男子の方がハードルが低い気がしますね。その次に、毛抜きで抜くというものやワックスなどで毛を溶かして洗い流すというもの。

 

これは、毛の周期でまた生えてきたら、その行為を繰り返さなければなりません。

 

もう1つは、エステなど、お金を払って、他人に身を委ねて脱毛をしていただくというもの。料金はかかりますが、それなりにプロの手でしていただく分、エステによって様々な方法と技で、自分で行うよりも短時間できれいに脱毛をしていただくことが可能です。

 

何より選ぶ施術によっては、数回で毛が気にならなくなる脱毛法もあります。どちらを選ぶのかはやはり財布と相談が一番重要ですが、今、脱毛が気になるお年頃の方々の親御さんは丁度脱毛が盛んにエステなどでなされていた時代にOLだったりした世代なので、現在のエステなどで行われる脱毛のグレードで価格帯も以前に比べたら、驚きの低価格ですし、相談したら割りと気軽にOKしていただけるんではないでしょうか?あの頃したくても出来なかったから、母娘で脱毛しにいくなんていうのもアリかもしれませんね。

個人の自由選択により選ばれる

2014/11/05

脱毛を考えている方は、脱毛エステとクリニックでの医療脱毛の選択に迷われる場合が有ると思います。

サッカー01

そこでそれぞれの脱毛がどのように行われるのかを調べてみることにしましょう。医療脱毛の主流はレーザー脱毛器を使用したものです。レーザー脱毛器は医療機関にのみその使用が許された、高出力、高性能が特徴となっています。医療機関であるクリニックは、ヤケドの危険性も高いレーザー脱毛器を使った場合の万が一のトラブルを想定すると安全で安心と言うことになるのです。また医療脱毛では脱毛する部位により、絶縁針を利用した電気脱毛を使用する場合も見受けられます。この電気の出力も高いものが使用されるので、脱毛効果は非常に優れたものであると言うことが出来るでしょう。永久脱毛を望む方は多くいらっしゃいますが、医療レーザー脱毛と医療電気脱毛は永久脱毛に効果を最も多くもたらす方法として挙げられることが多いものなのです。また、医療脱毛は脱毛エステと比較される場面が非常に多いものです。

 

 

金額的な面、脱毛の効果、安全性など様々な角度からその比較はなされていますが、低料金で利用がお手軽と言うのが脱毛エステの特徴です。空いた時間にちょっと脱毛をと考える方や、お試し感覚で脱毛をやってみたい方などに脱毛エステの魅力は高いものなのです。医療脱毛を選択する場合、脱毛効果を確実に得たい、永久脱毛をしてみたいと考える方には効果的な手段と言えるでしょう。脱毛はその個人のニーズにより選択が自由なものなのです。

医療脱毛のメリットとは

2014/11/05

むだ毛が気になり脱毛をしたいと思ったとき、手軽なエステに通うか、医療脱毛を選ぶか悩まれる方は多いでしょう。

 

エステは料金が医療脱毛に比べて安いことが多いのですが、医療行為が行えないため、トラブルがあった際の対処に懸念が残ります。医療脱毛でしたら、医師のもと行えますので、万が一肌が荒れたり、腫れたりした際、肌の状態をみて、適切な処置がすぐに受けられます。

ゴルフ08また、痛みに弱いという方に対して、麻酔シートを使うことができるのも医療脱毛ならではのメリットです。医療脱毛で行うレーザー脱毛は、ムダ毛の毛根組織を破壊して、毛が生えなくする脱毛方法です。この毛根組織を破壊することが医療行為とみなされ、日本では、医師免許がなければ、施術できないので、医療レーザー脱毛となっています。毛根組織を破壊するので、毛が生えないようにできるのが、医療レーザーの特徴です。エステでの脱毛は光脱毛といって、医療レーザーに比べ出力が小さく、効果は緩やかです。契約も年間フリーパスというものもみられ、医療脱毛よりも低価格な場合が多いものの、実際に次回の予約が取れるのは2~3か月後となり、実際に年間で通えるのは最大でも6回となるケースが多いでしょう。出力が弱いため、6回で納得の結果が得られるケースは少ないため、追加料金を払って施術を重ねる場合が多いのです。

 

医療レーザーは出力が高いため、1回で効果が高く、効果を早く感じられるでしょう。

 

また、医療脱毛は、レーザーの強さを微妙に調整することができ、医者が行うので常に皮膚の状態を見ながら皮膚に負担をかけないように変更しながら行えます。また、効果が最大になるように調整してくれるので、安心して効率よく脱毛ができることが何よりのメリットです。

脱毛方法について

2014/11/05

多くの女性が頭を抱える無駄に生えてくる毛の処理。

 

夏のように暑い時期ですと肌が露出する事が増えますが、無駄毛への不安から肌を出す事自体を避けている人も多いのではないでしょうか。近年では脱毛のみといった専門店等も目にしますが、お金がっかったり、何度も通わなければいけません。お金をかけず、お店に通うことなく、自分の部屋でも可能な脱毛方法についての紹介をします。【毛抜き】毛抜きによる処理は、毛の根元から取り去るので、仕上がりが綺麗で毛の発毛を遅らせることができます。更に処理を行う回数自体を減少させることが可能です。

 

しかし、痛みを伴ったり、毛穴に細菌の侵入による炎症が起きる可能性があります。これを毛膿炎、または毛包炎といい、にきびに似た感じの皮膚の状態が起きます。毛膿炎は、多くの場合は他の肌同様に綺麗に治りますが、体調や栄養不足といった事で免疫力が下がってくると、色素の沈着が起き跡になって残ることもあります。【シェイバー】シェイバーは男性がひげ剃りに使用する類で、安全に除毛することができます。全身のムダ毛の処理行う場合は、時間がかかる事が多い為充電式を使う方が、お金はかかりません。

ゴルフ07

「埋没毛」とは、脱毛したことがきっかけで何らかの原因で、毛穴に蓋ができた状態で塞がってしまい、通常であれば生えてくる毛が毛穴が邪魔で生えてこれないので皮膚の中で毛が発生してしまうことで、これを何とかしようと無理やりほじくったりすると色素沈着を起こし黒ズミになってしまいます。

 

また、エステで行われているという脱毛の方法は、を2種類だけ挙げておきます。(1)美容電気脱毛(2)美容ライト脱毛の2種類です。

原理、脱毛方法

2014/11/05

永久脱毛とは、科学的な方法により毛根を破壊して、永久的に体毛を生えなくする脱毛のことを指します。

 

毛穴にある立毛筋が接している辺りに、毛を作り出す機能を持つ幹細胞があり、そこを破壊する事で毛が生えなくなるようです。永久脱毛の方法としては、大きく分けて、電気脱毛、レーザー脱毛、光脱毛があります。そのため、十分な熱によるエネルギーを与える必要があり、ヤケドなどの可能性もあることから、「医療機関での脱毛処理が望ましい」と厚生労働省も見解しております。エステサロンでも、永久脱毛効果を得られることはあるようですが、店によってはほとんど効果がないような施術を行なっているところもあるようです。従って、エステサロンでの永久脱毛を行う際には十分注意しましょう。ところで、永久脱毛って、本当に再度毛が生えてくる事はないのでしょうか?、と誰もが一度は疑問にしたことがあるかと思います。永久脱毛のメカニズムは、毛が発育したり再生するという機能自体(毛母や毛乳頭、立毛筋等の組織)を、「レーザー光」や「電気絶縁針」などを使って破壊することで、永久的に毛が再生されないように処置するものです。正確にいうと、最近の主流であるレーザー脱毛が誕生してから、まだ十数年しか経過しておらず、30年もしくは40年たっても絶対に脱毛効果がある、という証明はされていません。

ゴルフ06genri最終照射の後、6ヶ月経過した時に毛が生えてこなければ、永久脱毛とみなされます。また、現在までの施術例でも、数年で今まで通りに戻ってしまったという例はないようです。

 

永久脱毛のリスク、知っていますか?

2014/11/05

永久脱毛をしてもらいたくて、エステサロンや美容クリニックを訪ねる方は増えています。

 

しかし、費用や時間がかかるという事をしっかり把握しておかないと後悔する可能性もあります。そのならない為にも、永久脱毛を行う前に注意するべき事があります。まず、永久脱毛といっても絶対に生えてこなくなるとは言い切れないという事を理解する必要があります。ただし、毛の生える仕組みの元にダメージを加える事で、脱毛効果はきちんとあります。また、毛の生え方や量に関しては個人差がありますので、必ずしも同じ内容で同じ効果がある物でもありません。雑誌等の写真だけで勝手に判断しないようにしましょう。次に、その時にかかるリスクですが、全くないわけではありません。基本的に安全性の確認は行われておりますが、万が一失敗した場合は、皮膚が腫れてしまう可能性もあります。もしこの時に、医療機関である美容クリニックで施術を行っていればすぐに診療してもらえますが、エステサロンの場合、腫れを鎮める化粧品を塗るだけの処置しか行われません。

 

もし、本当に危険な状態であれば、皮膚科のある病院へ行き治療費をかける事になります。その為、永久脱毛にはクリニックでも保険は適用されておりません。その為高額になります。近年のエステクリニックでは、かなり安価で利用できる脱毛店やキャンペーンで、集客を行っておりますが、安いからといって簡単に選ばずに、評判等を知りましょう。

 

 

ゴルフ04最後に、もう一度冷静になって自分がお金をかけて脱毛したい場所と予算をしっかり決めましょう。

自分で納得した永久脱毛を

2014/11/05

永久脱毛をする際に気を付けるのはどんなことでしょうか?

 

まず「永久」の意味についてです。実は日本でははっきりとした定義がないため、エステティックサロンやクリニックによって「永久」の意味が異なってくるのです。そのため、まず最初に永久脱毛を検討しているサロンやクリニックに毛の再生率など「永久脱毛」の内容を確認した方が賢明です。次に脱毛方法ですが、針脱毛は長い歴史もありその効果も長期にわたって確認されているので、現時点では一番「永久」に近い脱毛方法かもしれません。但し施術者に高い技術レベルが求められ、毛穴に針を刺していきますので痛みもあります。1本ずつ処理していきますので時間もかかります。一方レーザー脱毛や光脱毛は、「永久脱毛」として言っていいのかどうか現段階ではわかりませんが、適切に処置されれば比較的長期にわたって毛が再生してこないことは確認されています。

 

痛みは若干ありますが針脱毛に比べると短時間で済み、広範囲の処理ができますので人気が高いようです。ただしメラニン色素に反応する性質上、日焼けした肌や、金髪のような産毛の処理には向きません。またレーザー脱毛は医療機関でのみ受けられる施術です。

ゴルフ02

つまりそれだけリスクが高いと考えください。エステティックサロンの光脱毛に比べ出力の高い光線を使用しますので、火傷や肌トラブルなどの心配が高いのです。脱毛方法にはそれぞれに一長一短が考えられますので、ご自分でよく内容とリスクを確認し、納得した上で永久脱毛をしてください。

永久脱毛は医療行為なんです

2014/10/17

永久脱毛方法は大別すると電気脱毛、レーザー脱毛、光脱毛があります。ゴルフ01

 

有力な説として、毛穴にある立毛筋が接している辺りに、毛を作り出す機能を持つ幹細胞があり、そこを壊死する事で再度生えなくなるという。そのため十分な熱によるエネルギーを与える必要があり、熱傷などの可能性もあることから「医療機関での脱毛処理が望ましい」と厚生労働省も見解しております。エステサロンでも永久的な効果を得られるといった事はあるようですが、店によっては殆ど効果がないような施術を行なっていることもあり、トラブルの原因になりやすいで注意したい。 『安全で確実でお得!』等といった単語が目に飛び込み、思わず、飛びついてみたものの、「確実に処理できなかった」 「肌のトラブルを招いてしまった」「次々に追加費用を請求され、ローンの返済に一苦労」というようなトラブルというのは後を断たないようです。 現在、『日本医学脱毛協会』には、全国に32箇所ある病院や医院が加盟しております。 まずは近隣の地域のクリニックにご相談され、カウンセリングから受けてみる事をおススメします。一方エステティックサロンなど、医療機関以外のところでは、広告規制の法律がないため、自由に広告できます。 その結果、厚生省の医事課から禁止という通達があったのを知りながら、脱毛の広告がマスコミ等によって氾濫するのです。その結果、「永久脱毛」=「エステティックサロン」と、多くの人が思ってしまうのです。